レントゲンを撮ったら、変形性股関節症ですね…と言われた
足がうまく真っ直ぐ出ない
あぐらがかけない
長時間歩くと響くような痛みが出る
股関節につまり感が常にある

《変形性股関節症とは?》

股関節の変形により股関節の痛み、可動域の制限、歩行の障害などの症状を引き起こす疾患です。
変形性股関節症には一次性変形性股関節症と二次性股関節症に分かれます。
・一次性変形性股関節症:明らかな外傷や既往歴がないもの
・二次性変形性股関節症:先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などの明らかな要因があるもの
日本ではほとんどが二次性変形性股関節症が多いです。

《変形性股関節症になりやすい特徴》
・臼蓋形成不全(大腿骨の受け皿になる「臼蓋」と「大腿骨頭」が徐々に変形する進行性の疾患)
・先天性股関節脱臼(生まれつき股関節が脱臼していた)
・加齢
・肥満
・筋力低下
・重たいものを運ぶ作業が多い

などの、特徴があげられます。
変形が進むと股関節以外にも腰や膝などにも痛みを生じる可能性も高いので、違和感などを感じていましたら早めの治療をおすすめします。

《変形性股関節症の治療方》
・運動療法(リハビリ、運動訓練)
・薬物療法(痛み止め、注射)
・物理療法(電気、ホットパック)
・手術療法

治療の段階としては、皆さんやはり手術は避けたいでしょう。怖いですし、本当に楽になるのか?痛みが全く無くなるのか?などの心配が出て来ると思います。

股関節痛

《高屋駅前整骨院での治療方法》

実際に私が体験した例でも手術をしたが股関節の痛みが改善せず治療を受けられに来院された方も何人も診ています。

その様な方たちを治療していて感じるのが、そもそも股関節の劣化や筋肉低下、肥満だけが原因なのか?という事です。

私の治療としては股関節周りの状態を良くするのはもちろんですが、それ以外で股関節に負担をかけている部位などからもしっかりとアプローチしていき、根本的に悪い部位から治療していく事が最大のポイントです。

試していただきたいのですが、立った状態から腰を屈むと骨盤が後ろに移動し、反らすと骨盤が前に移動すると思います。

このように股関節が良好でも違う部位からの運動連鎖によって股関節に負担をかけてしまうこともあるのです。

本当に悪いとこを根本的に治療しなと完治には辿り着きません。

いま、行ってる治療を思い返してみてください。股関節のみを治療していたり痛み止め注射で誤魔化していませんか?

なかなか治らない、根本的な治療をしていないと思われる方今すぐにでもご連絡ください。あなたのお悩みに全力で取り組み良い治療、身体作りをしましょう!

<症例紹介>

《症例1》
40代 女性 主婦 変形性股関節症
2年前から痛みを訴え、10分歩くのも困難な状態で整形外科に行き変形性股関節症と診断され電気治療、関節可動域訓練などを続けたが改善せず来院
・治療内容
股関節の変形もあったのでそこも原因ですが、他にも骨盤の左右の高さの違い、肩の左右の高さ違いがあったので特別実費治療(ほぐし、関節矯正)インソール治療を行い痛みが激減し、今では1時間以上歩いても平気な身体になりました。

《症例2》
30代 女性 倉庫棚卸し業
仕事上、倉庫内を1日に10キロ以上歩き回っていて股関節に負担がかかり整形外科に行き変形性股関節症と診断され痛み止め薬、電気治療、ホットパックなどを受けていたが改善せず来院
・治療内容
股関節の変形もあったのでそこも原因ですが、もともと足関節の捻挫を重ねていて靭帯が緩んでいたのと、扁平足もあり足部の変形、左右の骨盤に高さのズレがあったので、特別実費治療(ほぐし、関節矯正)インソール治療を行い仕事での痛みも出なくなり仕事内では1番動ける人材になった。

お気軽にお問い合わせください。082-426-5006

お問い合わせ